医者

前立線の癌の原因と予防法

男性

前立線がんは欧米では発症率が高い癌であり、日本では胃がん・肺がん・結腸がんに続いて4位と比較的発症率は少ないとされている癌です。45歳以下の発症はたいへん少なく、50代以上より一気に増加し一般的に高齢者の癌と言われています。今後は食生活の欧米化・高齢者の人口増加によって、前立線がん患者は一気に増加すると言われています。前立線がんの症状は、初期には全く症状がないのが特徴です。癌が大きくなると、尿が出にくくなる・頻尿になる・残尿感が目立つと言った症状が現れます。なお癌が進行すると尿が出なくなる・精液に赤みが出てきます。そしてさらに癌が進行を続けていくとリンパ節や骨に転移をします。リンパ節に転移した場合は下肢のむくみが現れ、骨に転移した場合は下半身の麻痺や激痛と言った重度の症状が現れます。可能な限り転移の前の癌の発見が重要ですので、尿に異変が出た場合には出来る限り早めに、医療機関での検査を行いましょう。

前立線がんの原因は、現在明確にはされていません。可能性として考えられるのが、遺伝子のなんらかの異常とされています。遺伝子の異常には、加齢と男性ホルモンが影響していると言われていますが、現在の医学では明確にはされていません。ミルクや肉類などの脂肪分が多い食事の摂りすぎや肥満も、前立線がんの発生を高める原因であると考えられています。前立線がんは遺伝が要因である場合が非常に多い癌ですので、前立線がんと家族が診断された場合は、早期に医療機関で検査を行いましょう。日常生活での前立線がんの予防として、食事は脂肪分の多いものは出来る限り控えるようにしましょう。穀物・豆類・食物繊維を多く摂るようし、適度な運動を心掛け肥満の予防に努めましょう。

どんな病気なのか

医者

前立腺は、膀胱の出口を取り囲むような位置にあります。この部分に出来たがんを、前立線がんと呼びます。前立腺肥大と並んで高齢の男性に多い病気で、転移すると腰痛や背痛が起こってきます。

詳細を確認する...

直腸にできる大腸がんとは

女性

直腸がんは大腸がんの一種で、今後も増加傾向が続くと見られています。治療方法としては手術や化学療法があり、最近は特にこの化学療法が注目されています。食生活の変化が主な原因ですので、バランスよく食事を摂るようにしてましょう。主な自覚症状は血便や膨満感で、できれば大腸肛門科で検査を受けるようにしましょう。

詳細を確認する...

すい臓の癌の原因と予防

医者

すい臓がんは症状が気づきにくく、早期に発見しにくい癌だとされています。すい臓がんの原因として食生活・喫煙・ストレスが挙げられます。できる限り高タンパク、高脂肪、高塩分の食事は控えめにすることがすい臓がんの予防となります。そして休日は趣味や運動で体を動かし、ストレス発散を心掛けることも予防となります。

詳細を確認する...